過去の情報(2002年)*応募はできません!

(財)とやま国際センター日本語学校(仮称)

勤務地 富山市五福(予定)
条件 実務経験を有する者で次のいずれかに該当する者
(1)日本語教育能力検定試験に合格した者
(2)大学(短期大学を除く。)において日本語教育に関する主専攻(日本語教育科目45単位以上)を修了し、卒業した者
(3)大学(短期大学を除く。)において日本語教育に関する科目を26単位以上修得し、卒業し     
勤務形態 日本語専任教員3名
(勤務時間)
午前9時~午後6時、月曜日~金曜日 ただし、行事日は土曜日も出勤
(勤務開始日)
2002年10月(1名)、2003年4月(2名)
待遇 給与・休暇:財団法人とやま国際センターの給与規程・就等による
社会保険:厚生年金、健康保険、雇用保険、労災保険
応募方法 (1)履歴書(自署、写真貼付)、(2)留学生日本語教育に対する抱負・考え方を1200字程度にまとめたもの、(3)日本語教育歴申告書、(4)推薦書(日本語教育を学んでいる機関、または現在日本語を教えている教育機関からのもの)を送付、(4)推薦書については後日送付可
応募締切日 平成14年2月25日(月)消印有効
連絡先 〒930-8501
富山市新総曲輪1番7号
富山県生活環境部国際・日本海政策課企画係
電話 076-444-9654
ファックス 076-432-5648
Eメール kokusainihonkai@pref.toyama.jp
備考 教育機関概要
1.設置者名:(財)とやま国際センター(県の支援により整備・運営)

2.教育目的:我が国の大学等への留学を志す外国青年を対象に、入学に必要な予備教育(日本語及び教科)を行うもの

3.定員規模:当面60人

4.修業期間:1年(進学のための1年コースのみ)。4月入学、翌年3月修了

5.開校期日:平成15年4月1日(予定)

6.教育上の特色:
  ・少人数クラス(日本語クラス上限15名)によるゆきとどいた授業
  ・大学等への進学に重点を置いた指導、大学等との連携による進路の確保
  ・多彩な交流事業への参加機会の提供と地域ぐるみの温かい受入体制

選考方法:書類審査後面談

タイトルとURLをコピーしました