過去の情報(2002年)*応募はできません!

エクアドルカトリカ大学 コミュニケーション言語文学部外国語学科

勤務地 エクアドル キト市
条件 ・大卒。
・大学にて日本語教員養成課程修了者。(主・副専攻の別は不問。)
・日本語教師経験不問。
・年齢50歳以下。
・スペイン語で日常生活、仕事ができる方。
・日本語の需要のないところでの日本語教育に興味のある方。
・心身ともに健康な方。
勤務形態 時間講師(非常勤講師)
・採用人数:1~2人。
・勤務期間:2003年3月10日から7月18日までの1学期間(02―03年度後期)。または、2003年9月13日から2004年2月4日までの1学期間(03―04年度前期)。
・雇用契約は1学期ごと。(大学は前期、後期の二期制。)ただし、延長可能。
・おもに初級クラス担当。
・週20時間。1コマ1時間(60分)。1日4コマ(4時間)。
・クラスは公開講座で、大学学部生と社会人の混合クラス。
待遇 ・時給(60分あたり)3USドル。
・渡航費自己負担。
・住居費、交通費、保険など、すべて自己負担。時間給以外の支給はない。
応募方法 ・履歴書。(日本語。自筆またはタイプ打ち。6ヶ月以内に撮影した写真貼付。郵送。)
・職務経歴書。(日本語。タイプ打ち。郵送。)
・応募動機についてまとめたもの。(縦書き400字詰め原稿用紙3枚以内。自筆。郵送。)
・推薦状一通(日本語教育関係者からの推薦が望ましい)
 *職務経歴書と応募動機には、日本語教育に関して必ず書いてください。
 *連絡先としてメールアドレスを忘れずに記入してください。
 *応募書類は返却しません。
応募締切日 2003年1月10日 エクアドル必着
連絡先 Pontificia Universidad Catolica del Ecuador,
Facultad de Comunicacion, Linguistica y Literatura,
Departamento de Lenguas,
Seccion de Japones.
Av. 12 de Octubre, entre Patria y Veintimilla,
Apartado 17-01-2184, Quito, Ecuador
担当 潮田(うしおだ)ちせ
電話 593-2-256-5627 ext1145
FAX 593-2-252-7348
Eメール cushioda@yahoo.co.jp
備考 (選考方法)
・一次選考:書類審査
・二次選考:面接(日本で面接を行ないます)
*一次選考の結果は、1月20日(エクアドル時間)までに、電子メールにて 連絡します。
*一次選考後、面接日(日本で面接を行ないます)を指定します。
*面接にかかる交通費、宿泊費などの費用はすべて自己負担です。
*面接について、日時、場所などの連絡は、一次選考の結果とともに、 電子メールにて連絡します。

(備考)
・いわゆる途上国なので、健康や安全についてなど、自己管理をお願いします。
・大学については大学のホームページ
http://www.puce.edu.ec

を、エクアドルの日本語教育については、国際交流基金の「日本語教育国別情報」のホームページ
http://www.jpf.go.jp/j/urawa
/world/kunibetsu/1999/ecuador.html
をご覧ください。

タイトルとURLをコピーしました