過去の情報(2004年)*応募はできません!

ジャーナリズムスクール

勤務地 フィリピン共和国 モンテンルパ市
条件 日本語教授法履修者、又は日本語教育経験1年以上の方。
または上記以外に日本語教育能力を有すると思われる者。
勤務形態 専任
待遇 月給12,000ペソ(1ペソ約2円)。(1名専任)
宿舎を無料提供。食事(朝・夕食付)の提供。
航空券の片道支給。
勤務期間は1年(更新可)
2005年度新学期(1月10日)月~金、1日最大4コマまで(1コマ=1時間半)研修期間中は最大2コマ。通常週20コマ以内を予定。
渡航費(片道)/保険/特別就労ビザの実費(約1万円)などは自己負担
応募方法 電子メイルにて、履歴書/志望理由書をお送りください。
履歴が届き次第、こちらから連絡いたします。
(お問い合わせなども電子メールでお願いいたします)
応募締切日 2004年11月30日
連絡先 〒650-0005
神戸市中央区再度筋町3-8
担当者 大類 晶嗣
電話 078-351-4414
ファックス 078-351-4414
Eメール fwje3935@mb.infoweb.ne.jp 
備考 ジャーナリズムスクールの概略
ここはフィリピンで一番古いマニラ新聞社の関連教育機関です。トヨタ自動車をはじめ、日系企業が多く進出しているラグナ地区(モンテンルパ市)に新しく日本語教室を開講するために日本語教師の募集しました。
受講生は日系企業のフィリピン人マネージャーレベルや近郊大学生が対象になります。
タイトルとURLをコピーしました