過去の情報(2005年)*応募はできません!

ミンダナオ国際大学

勤務地 フィリピン共和国・ダバオ市
条件 4年生大学卒業以上の方で、日本語教育を大学の主専攻又は副専攻で卒業された方、もしくは日本語教師養成講座(420時間)を修了された方、もしくは日本語教育能力検定試験に合格された方。国内外で日本語の教授経験があれば尚可ですがやる気を重視します。
勤務形態 非常勤講師(英語で日本の歴史や文化などが教えられるなど応募者の能力が高い場合講師・助教授として、常勤採用の可能性有り)
大学での日本語教授のほか、日本フィリピンボランティア協会の活動(日本語教育関連)に参加していただく場合もあります。
待遇 時間給(150ペソ)。
他にミンダナオ国際大学後援会より10,000ペソ/月の住居手当。
渡航費はミンダナオ国際大学後援会が負担(成田~現地の年1回)
※参考:1ペソ=2円(フィリピンの物価は日本の5分の1程度)
2年契約(前期:6月~10月、後期:11月~3月)
更新継続が可能です。
1年目1学期間は仮契約期間とさせていただき、大学とご本人双方の意思を確認後、本契約をさせていただくことになります。
応募方法 まずは日本フィリピンボランティア協会東京事務局にご連絡の上、履歴書をお送りください。(履歴書のフォーマットは自由)
応募締切日 2005年6月15日
連絡先 182-0006
東京都調布市つつじヶ丘2-30-1
日本フィリピンボランティア協会東京事務局
担当者 栃木・中井
電話 03-5384-9536
FAX 03-3326-5037
Eメール jpva@mua.biglobe.ne.jp
備考 日本のNPO団体「日本フィリピンボランティア協会」が建てた、2002年6月に開校した新しい大学。募集人数若干名。
書類選考後、電話連絡、面接を行います。
今回は欠員募集です。6月からの学期途中から教えることになります。海外で、フィリピンで活躍してみたいと思う方はぜひご応募ください。
タイトルとURLをコピーしました