過去の情報(2005年)*応募はできません!

カマリネス・スール州 州立日本語センター

勤務地 フィリピン共和国 南ルソン島 カマリネス・スール州
条件 ・日本語教授法履修者、又は日本語教育経験1年以上の方。
・または上記以外に日本語教育能力を有すると思われる者。この場合は、応募の際に、内容を具体的に説明してください。
・日常英会話程度の語学力があればなお可。
勤務形態 ・日本語教師として、2名専任
・期間:1年またはそれ以上(更新可)
・勤務:月曜日~土曜日(土曜日は半休)(平日勤務時間は8時から5時)1日最大4コマまで(1コマ=1時間半)。通常週20コマ以内を予定。
待遇 ・月給12,000ペソ(1ペソ約2円)。(ただし、2ヶ月間は研修期間としまして、待遇は10,000ペソ)
・宿舎を無料提供。食事(朝/夕の2食付)の提供。
・航空券の片道支給。
・渡航費(片道)/特別就労ビザ実費の半額(実費28,000円の半額14,000円)/各種保険などは自己負担
応募方法 電子メイルにて、履歴書/志望理由書をお送りください。履歴が届き次第、こちらから連絡いたします。
応募締切日 2005年9月25日。決まり次第、締め切らせていただきます。
連絡先 4H A&M Building Commonwealth Ave. Batasan Hills. Quzon city, Metro Manila Philppines
AKI財団法人
担当者 大類晶嗣(おおるい あきつぐ)
電話 +632-951-1938
携帯 +63-919-574-9195
FAX +632-931-1584
Eメール fwje3935@mb.infoweb.ne.jp
HP http://mjaki.hp.infoseek.co.jp
備考  日本語教育に熱心な方を希望します。
 AKI財団法人は日本の大学・NPO団体やフィリピンの大学・行政と協力しながら、マニラ首都圏(ケソン市が本部)を中心に、複数の大学や教育機関で日本語教育を行っています。また、地方では南ルソン島や中部ルソン島でもフィリピンでの日本語教育の普及に努めています。
 此のたびの募集は、カマリネス・スール州政府のプランであります、日比経済交流の促進と日本人観光客誘致のために、現地大学生・大学院生・IT技術者・州政府職員・医療関係者などが対象に日本語教育をします。又、ここの州政府のプロジェクトは今年初めからをスタートさせています。因みに、現在も2名の日本語教師が教鞭をとってもらっています。
 なお、AKI(財)は2005年1月に、フィリピン政府のTESDA行政機構(技術教育・技能開発機構)から日本語教育機関として公式認定を受けました。
タイトルとURLをコピーしました