東進ランゲージスクール 学校訪問会+採用説明会
過去の情報(2006年)*応募はできません!

中国赴日本国留学生予備学校

勤務地
中国吉林省長春市東北師範大学浄月校区内
条件
・大卒以上で、外国人を対象とした日本語教育(プライベートレッスンのみは不可)の経験を有すること。
・初級~上級まで教えられること。
・身体健康で明るく、まじめで教育熱心であること。
勤務形態
専任
期間:2007年3月~2008年2月(以後、双方合意の場合、勤務期間の延長可)
待遇
月給3200元(1元=約15円)※現地では月1000元程度で十分に生活できます。
医療費補助2200元/年
宿舎の提供(2DK+トイレ・浴室:洗濯機+炊事設備完備)※光熱費免除
宿舎~学校の交通手段の供与 ※交通費無料
赴任時、及び帰国時の航空券を供与
応募方法
「履歴書(書式自由)」「最終学歴証明書」「パスポートのコピー」及び「健康診断書」を12月22日以前必着で下記の連絡宛に郵送のこと。選考の結果は追って通知します。
応募締切日
2006年12月22日
連絡先
郵便番号 130117
中国吉林省長春市東北師範大学浄月校区
中国赴日本国留学生予備学校
担当者 李若柏校長
電話 0431-8451-6282(日本語可)
FAX 0431-8451-6260(日本語可)
Eメール lirb@nenu.edu.cn(日本語の通信文は添付ファイルで送信のこと)
備考
付記1:中国赴日本国留学生予備学校
 本校は1979年に東北師範大学に設立された中国国家教育部の直轄下にある教育機関であり、本校の日本語教育は中日国交回復後、両国政府間教育交流の最大のプロジェクトとして両国政府から多大な支持、支援を得て運営されている。現在中国人教師22名(教授4、副教授10、講師8)と職員8名が勤務し、その他、外国人教師も20余名在籍している。
 当校は質の高い教育と厳しい管理を目標に掲げ、教師のレベルアップにも力を入れている。その一例として、短期集中教育国際シンポジウムを二年毎に開催する他、一年を通じて中国及び国外の教育専門家による学術発表会あるいは教育経験報告会を随時開催、更に月毎に中国人教師と外国人教師の交流会を開いている。また、学期毎に教師の教育実践に対し、学生による評価を実施している。
 2001年に現在の新キャンパスに移転し、6000?の新しい校舎には先進的なLL教室、録音室、PC室及び多目的ホール、情報資料室が設けられ、ハイスピードダビング、デジタル音源編集、映像編集等のための各種視聴覚教育機器も完備された。授業が行われる教室には全てマルチメディア教育設備が整い、教師と学習者の教育?学習環境が一新されている。
 本校には、毎年中国全土から様々な教育、年齢、文化、民族的背景を持った学習者が集い、相互学習、相互理解の機会を醸し出している。こうした本校の学習者の中には日本国政府奨学金受給内定者や中国政府公費派遣留学生も含まれており、「専門家論壇」「博士指導教官論壇」「博士論壇」や国際理解教育、近代史講座、留学先相手国文化理解講座などのイベントが行われ、ことばの学習に加え、各種民族・文化間の交流と国際理解の促進が図られている。
 本校は長春市民族事務委員会、長春市委員会、及び長春市人民政府より、1995年と2000年の二度に渡って「長春市民族団結優秀団体」に表彰されたほか、2005年には吉林省人民政府より「吉林省民族団結優秀団体」に選ばれている。また、本校校長の李若柏教授は2003年に日本国外務大臣より中日文化交流の友好の架け橋となった業績を称えて表彰されている。
付記2:吉林省長春市
 長春市は中国の首都・北京の東北900kmに位置する吉林省の省都で、人口770万人を擁する吉林省第一の都市である。市内には旧満州国の首都(当時、新京と呼ばれた)時代の遺構が今も姿を残しているが、現在は巨大な商業複合施設やオフィスビル、高層マンション等が立ち並ぶ近代都市に変貌しつつある。解放以後に発達した光学機器、ゴム、製薬、食品加工などの軽工業に加え、以前からの伝統産業である重工業に従事する企業が3000社以上も操業しており、中でも中国トップクラスの自動車会社「一汽(第一自動車製造工場)」や「長春トラック製造工場」は著名で、中国国産自動車の1/5を生産している。一方、長春市は東北師範大学、吉林大学、長春大学、長春中医大学といった重点大学をはじめとして、高等教育機関27校(在校生約10万人)が林立する学園都市としての顔も併せ持つ。日本とは東京、名古屋、仙台の各都市と直行便で結ばれており、来年にはさらに福岡、新潟、札幌との間にも直行便が就航する予定である。なお、来年1月28日~2月4日の期間、冬季アジア大会が長春で開催されることになっており、現在、地元ではアジア各国からの選手団と観光客の受入れ準備が急ピッチで進められているところである。

タイトルとURLをコピーしました