過去の情報(2007年)*応募はできません!

モルドバ日本交流財団

勤務地
モルドバ共和国キシニョフ市(東ヨーロッパ)
条件
①応募条件
・大卒以上で、次のAからCのうち、いずれかの条件を満たす方
A: 4年制大学の主専攻あるいは副専攻で、日本語教育を修了
B: 養成講座(420時間)修了
C: 日本語教育能力検定試験に合格
・1年以上の教授経験がある方
・社交的で、責任感がある方
・基本的なコンピュータの知識(Word等)と、日常英会話力は必須です。
②勤務条件
・週10コマ程度(1コマ90分)、初級から中級までの日本語授業を担当。生徒は大学生を中心に、小学校高学年から社会人まで、レベルや年齢に応じてクラスが分かれています。授業の時間帯(9:00~19:30)は、曜日やクラスによって異なります。
・必要に応じて日本文化紹介クラスを担当
勤務形態
専任
待遇
①給与は月100USドル相当の現地通貨
②住居として、家具付きアパートを提供。家賃および電気・ガス・水道代は、全て財団が負担します。
③航空運賃の支給はありません。
④契約は2007年9月から2008年6月まで(更新可能)
応募方法
①和文と英文の履歴書と職務経歴書(いずれも書式自由。日本語教授歴については出来るだけ詳しく)に写真を添付して、当財団へEメールあるいはFAXでお送りください。選考後、こちらからご連絡します。
②採用決定後は、現地での労働許可取得のために、大学卒業証明書や日本語教育の資格を証明するもの(いずれも英文)、パスポートのコピー等を提出していただきます。
応募締切日
2007年3月31日
連絡先
Foundation For Moldovan-Japanese Relations
MD-2009, A. Mateevici, 60, Chisinau, Moldova
担当者 越沼(こしぬま)、五十嵐(いがらし)、水谷(みずたに)
電話 373-22-577612
FAX 373-22-577473
Eメール fmj@mtc.md
備考
当財団は、モルドバ国内で唯一公的な日本語教育を行っている機関です。モルドバ国立大学の日本語教育は全て当財団に委託されており、財団も大学の敷地内にあります。応募に際して、もしご質問等ありましたら、Eメールでお気軽にお問い合わせください。

タイトルとURLをコピーしました