過去の情報(2008年)*応募はできません!

独立行政法人 国際交流基金 (マラヤ大学予備教育課程(AAJ) 日本語教育専門家 募集)

勤務地

マレーシア クアラルンプール
マラヤ大学予備教育課程(AAJ)派遣

条件

日本国籍を有し、日本語を母語とする者で、以下1~5をすべて満たす者。
1. 平成21(2009)年4月1日現在で満60歳未満であること。
2. 四年制大学卒業以上の学歴を有すること。
3. 国内外の日本語予備教育機関(民間日本語学校を含む)の日本語講師(非常勤を含む)として、応募時点で3年以上予備教育に従事した経験があること。
4. 日本語教育能力検定試験に合格していること。
5. 平成20(2008)年12月8日 月曜日 から 12月10日 水曜日 に日本で実施予定の派遣前研修(3日間程度)に参加できること。

勤務形態

マラヤ大学予備教育課程(AAJ)派遣日本語教育専門家として平成21(2009)年3月中旬に派遣。任期は通常2年です。
※派遣に先立ち当基金と専門家との間で契約を締結し、それに基づき基金は専門家に業務を委嘱します(雇用関係にはありません)

待遇

規定により、旅費、報酬等(本報酬、在勤加算、家族加算、子女教育経費、住居経費、研修補助費等)を支給します。共済制度あり。

応募方法

[応募書類]
①所定の応募用紙。(基金ホームページからダウンロードが可)
②推薦状
応募者の予備教育に関する知識、技能について、現在もしくは過去に所属した予備教育機関の責任者または同僚が作成した推薦状を提出のこと。様式は問いませんが、A4一枚とし、推薦状作成者に関する情報(氏名、肩書、連絡先)を明示すること。
③小論文
日本語教育の中であなたが関心を持っていることについてA4一枚(1200字程度)以内にワープロで作成した小論文を提出のこと。
④返信用封筒(第1次選考結果通知用)
応募者の住所、氏名を宛先に記した定型封筒(長3型 12×23.5cm)1枚(切手貼付不要)。[あて先]
〒107-0052 東京都港区赤坂1-9-15 日本自転車会館2号館9階
(財)国際文化交流推進協会(エース・ジャパン)
AAJ派遣専門家公募係
*封筒に「応募書類在中」と朱書のこと。

応募締切日

2008年9月3日必着

連絡先

〒107-0052
東京都港区赤坂1-9-15 自転車会館2号館9階
(財)国際文化交流推進協会 海外派遣専門家募集係
※電話によるお問い合わせには応じておりません。郵便・FAX(03-5562-4423)またはWebサイト内の「お問い合わせ・ご意見」のページをご利用下さい。

備考

[募集人数]
若干名
[業務内容]
マレーシア政府がマラヤ大学に設置した予備教育課程に派遣され、高校修了生を対象に日本の大学(学部)進学に必要な日本語能力を2年間で養成する。
[選考方法]
[1次選考]書類審査
[2次選考]面接試験

タイトルとURLをコピーしました