過去の情報(2009年)*応募はできません!

マラヤ大学言語学部アジア・ヨーロッパ言語学科

勤務地

Department of Asian and European Languages
Faculty of Languages and Linguistics
University of Malaya
50603 Kuala Lumpur マレーシア

条件

2009年5月ごろより働ける方1名(ビザは大学側が手配してくれます)
[応募資格]
日本語学、日本語教育学などの分野での学士号以上(修士号があれば尚よい)
日本語教授経験(カリキュラムデザインから評価まで自立してできる能力が問われます)
その他、日本語能力検定試験、420時間養成講座修了などの資格があれば優先されます

勤務形態

契約専任講師/教師(1年毎)
・本人と大学側との双方の合意に基づき、毎年契約更新が可能
[任務内容]
日本語主専攻及び、副専攻コースの初~上級日本語の授業(週12~16時間程度)。
定期試験、教材作成、卒業プロジェクトの指導教官、アカデミックアドバイザーなど。
また、日本語教授以外では、大学や学部主催の行事の実行委員、言語教育研究など。

待遇

基本給+諸手当(住宅手当、公務員手当、生活手当など)
基本給:
日本語教師での採用(学士号保持者):月RM1,695.85 – RM5,226.19
日本語講師での採用(修士/博士号保持者):月RM2,546.00 – RM5,484.00

応募方法

英文履歴書(CV)を jagdish@um.edu.my 及び masuyama@um.edu.my までお送りください。大学規定の正式な応募書類をメールでお送り致します。

応募締切日

2009年3月23日(月)

連絡先

マラヤ大学言語学部アジア・ヨーロッパ言語学科
Faculty of Languages and Linguistics
University of Malaya
50603 Kuala Lumpur
担当者 Dr.Jagdish学科長(英語のみ)
電話 +60-3-7967-3100
Eメール jagdish@um.edu.my
担当者 日本人教員 益山智恵
電話 +60-3-7967-3140
Eメール masuyama@um.edu.my(日本語可)

備考

マラヤ大学言語学部ではマレーシアで唯一日本語を主専攻で学べ学士号が取得できるコースを開講しております。現在、ポストの空きが生じ、日本語ネイティブ講師を1名募集中です。英語(マレー語もできれば尚よい)でコミュニケーションが取れ、初級から上級までの日本語教授経験が豊富な方の応募をお待ちしております。

タイトルとURLをコピーしました