過去の情報(2010年)*応募はできません!

ピブーンソンクラーム・ラチャパット大学

勤務地

タイ国ピサヌローク

条件

[応募資格]
①学士号を有し、日本語教師養成420時間講座を修了し、日本語教授経験が1年以上ある者(但し、プライベートレッスンを除く)
②学士号を有し、日本語教師養成420時間講座を修了し、日本語教育能力検定試験に合格した者
・上記①、②のいずれかの条件を満たす者
・授業だけでなく、課外活動(学科祭、スピーチコンテストなど)にも積極的に参加できる者
・タイ語不要(但し、事務職員とのやりとり及び担当科目のシラバス記述などはタイ語もしくは英語のみ使用)
・ 家族の同伴原則不可
[契約期間]
2010年5月下旬から1年間(条件によって延長可)
*新学期は6月開始
[勤務]
・勤務時間 午前8:00-16:30(月~金)
・担当コマ数 週10-15コマ(1コマ50分)
[その他]
・有給休暇 年10日
・長期休暇時の一時帰国可(最長1ヶ月まで)

勤務形態

日本語常勤講師 若干名

待遇

・月額19,020バーツ+諸経費8000バーツ
・住居費・光熱費自己負担。到着後、すぐにこちらで適当な物件(家具付、家電など有料レンタル有)を紹介します。決定までは、ホテルなどで仮住まいの必要あります。ホテルは到着日がわかり次第、当学で手配します。(費用は自己負担)
・通勤は教職員専用の無料バスを利用可(但し、バス発着ポイントまで来る必要あり)
・Work Permit、Visa取得費用自己負担
*バンコクなどと比較して物価はかなり低いので、十分にゆとりのある生活ができます。実際の生活費は諸経費も含め、支給額の半分程度で賄うことが可能です。一時帰国時の飛行機代なども、給与の中から支払う余裕があります。

応募方法

郵送もしくはEメールで、必要書類をお送り下さい。
①郵送の場合
(日本語学科・学科長 スパラック・ウィリヤスモン)
Asst. Prof. Dr. Suphalak  Wiriyasumon
送付先住所は下記連絡先参照 
*封筒に「応募書類在中」と日本語で明記して下さい。
*書類到着後の連絡などはメールで行いますので、Eメールアドレスを必ず記入して下さい。
②メールの場合
*件名に「講師応募」と記入し、書類は全て添付ファイルにして下さい。
[提出書類]
①日本語履歴書1通、英語またはタイ語の履歴書1通(両方に写真添付)
②志望動機(A4用紙1枚程度)
③教授経験がある場合:日本語教授歴に関する詳細、授業内容、使用教材、クラス規模、期間など *文章による記述ではなく、表にまとめた形式でお願いします。
教授経験がない場合:「本学で教師として何がしたいか」(A4用紙1枚程度)

応募締切日

2010年3月31日 但し、決まり次第終了

連絡先

Japanese Section, Faculty of Humanities and Social Sciences
Pibulsongkram Rajabhat University
Tambon Plaichumphon, Muang District, Phitsanulok 65000 THAILAND
担当者 田辺邦子、ナッティラー・タップティム
電話 +66(0)55 267202 (内線304)
FAX  +66(0)55 267087
Eメール psru_jpn@yahoo.co.jp

備考

[選考]
一次:書類選考
書類を受け取り次第、その旨ご連絡します。
書類選考の結果は決まり次第、速やかにお知らせします。
二次:本学にて面接
面接日時に関しては、一次の結果とともにご連絡します。
交通費自己負担(タイ国外など来学が困難な方は電話面接)
[大学紹介]
バンコクから飛行機で約50分のタイ北部ピサヌローク県にある地域総合大学です。キャンパスは市内と郊外に2つ、郊外キャンパスはタイでも有数の敷地面積を持ち、「公園の中の大学」と称されるすばらしい環境の中にあります。日本語主専攻学科は、できて今年で7年目になりますが、日本語主専攻の学生以外にも、英語学科、タイ語学科、観光学科の学生などが副専攻として日本語を履修し、全体では200人以上の学生が日本語を学習しています。現在、タイ人教員4名(学科長を含む)、日本人教員4名で教えていますが、今回は、今年度末に退職する講師の後任を募集します。タイの人々と文化に興味があり、学習者のことを第一に考えられる方をお待ちしています。

タイトルとURLをコピーしました