過去の情報(2010年)*応募はできません!

国際交流基金クアラルンプール日本文化センター

勤務地

The Japan Foundation, Kuala Lumpur 18th Floor, Norhpoint Block B, Mid-Valley City, No.1, Medan Syed Putra, 59200 Kuala Lumpur, Malaysia

条件

[応募資格]
(1)日本語を母語とするもの
(2)四年制大学卒業以上
(3)60歳くらいまで
(4)教育機関において日本語教育経験があるもの(コース運営の経験があればさらによい)
(5)以下のいずれかを満たしている方
①日本語教育能力検定試験合格
②大学で日本語教授法を主専攻または副専攻
③日本語教育に関する講座受講420時間以上
(6)マレーシアでの生活に必要な語学力(英語またはマレー語)を有すること
[業務内容]
一般日本語講座の授業と教材・カリキュラムの作成、試験の作成と実施・採点、非常勤講師の指導、その他コース運営に関わる企画、事務の実施および当センター事業への協力
[担当科目]
一般日本語講座(中級・上級・目的別)
※2010年度は初級開講準備をし、2011年度から初級開講の予定です
[その他]
(1)2011年度から日本語教育スタンダードを講座に試験導入するため、2010年度には各種調査を実施予定です。これらの作業は基本的に当センター付の日本語教育派遣専門家が担当しますが、現地採用講師にも協力をお願いすることがあります。
(2)2011年度から日本語教育スタンダードに対応した初級クラスを開講するため、2010年度は開講準備を予定しています。この作業は基本的に当センター付の日本語教育派遣専門家が担当しますが、現地採用講師にも協力していただきます。

勤務形態

専任講師

待遇

(1)謝金:月額RM4,000程度(税込み・謝金額は経歴により異なります)
(2)渡航費、移転費、住宅費等は自己負担
(3)勤務時間:勤務時間8時間、実働6.5時間
※夜間に授業がある日(非常勤講師の授業日も含む)は午後からの出勤
(4)休日:週休2日(休日が土・日にあたるとは限りません)
(5)有給休暇:年間14日(別に病気休暇が年間14日あります)
(6)医療保険等:当センター現地職員用の保険が利用できます
(7)労働ビザは契約期間中、当センターが手配

応募方法

(1)下記応募先に郵送・FAX・電子メールにて履歴書を送付。応募書類は返却しませんので、ご了承下さい。
(2)提出書類
履歴書(様式自由。写真添付、連絡のとれるEメールアドレスを記入のこと)
※日本語教育関係の資格があれば記入してください
※日本語教授歴について、期間、機関名、担当時間/週、常勤・非常勤の別、対象レベルを記述してください

応募締切日

2010年2月15日(月)

連絡先

The Japan Foundation, Kuala Lumpur 18th Floor, Norhpoint Block B, Mid-Valley City, No.1, Medan Syed Putra, Kuala Lumpur, 59200 Malaysia
担当部署 Japanese Language Dept
電話 (03) 2284 7228
FAX 03)2287 5869
Eメール nihongo@jfkl.org.my

備考

国際交流基金クアラルンプール日本文化センターは、独立行政法人国際交流基金のマレーシア事務所です。当センターでは、日本から派遣されている日本語教育専門家3名を中心に、セミナーや研究発表会の実施、マレーシア教育省への協力など、日本語教育を支援するための各種事業を展開しております。
事業の一環として、中級以上の日本語学習者を対象に日本語講座を開講しております。日本語教育専門家と協力しつつ、企画・運営から授業の実施まで、主担当として日本語講座を担当してくださる専任講師を募集いたします。
ウェブサイト

タイトルとURLをコピーしました