過去の情報(2012年)*応募はできません!

チャンパ日本語学校 (Champa Japanese Language Center)

勤務地

ラオス人民民主共和国 ビエンチャン特別市

条件

1.日本語教育能力検定試験合格者
2.日本語教師養成講座420時間修了者
3.日本語主専攻もしくは副専攻
4.上記1~3のいずれか1つを満たしていること
5.学歴・経験不問(上記の条件で労働ビザが取得可能)
6.年齢30歳ぐらいまで
7.社会経験(アルバイトは社会経験として認めません)のある方、また男性は優先的に考慮。

勤務形態

専任講師

待遇

基本給US$250相当額/月
*労働ビザ支給(ただし着任時は自己負担となり、任期満了後に全額還付致します。)
*経験・能力に応じ、基本給の昇給あり。経験・能力に応じ、出張授業、特別授業などの業務依頼あり。特別業務は手当支給。
*経験1年未満の場合は3ヶ月間の研修期間あり。(教案作成指導、授業の組み立て方、教師の心構えなど)
*経験1年以上3年未満の場合は1ヶ月間の研修期間あり。(ラオス人学習者に対する指導ポイントなど)

応募方法

メールで連絡後、履歴書(写真添付)をメール送付

応募締切日

2012年10月31日(ただし決まり次第終了)

連絡先

P.O.Box743, Vientiane, Lao PRD
担当者 阿部(校長)
電話 +856-21-263022
Eメール champajp@etllao.com champajp@laotel.com

備考

当校はビエンチャン最大の民間日本語学校です。ラオスにおける日本語教育のニーズの多様化に対応するため、教師増員を行います。「プロ」として真剣に日本語教師になりたい方を求めています。まずはメールにてご連絡ください。当校の学校概要及び詳しい募集要項を添付し、折り返しご連絡致します。当校のHPも ご覧ください。
契約は本校(在ラオス)との直接契約になり、ラオス国内では採用の際、性別制限は法律違反ではありません。

タイトルとURLをコピーしました