過去の情報(2014年)*応募はできません!

独立行政法人 国際交流基金 (米国若手日本語教員派遣)

勤務地

米国の初中等教育機関

条件

下記(1)~(6)をすべて満たす者。
(1)日本国籍を有し、日本語を母語とする者。
(2)平成27年4月1日現在で満35歳未満である者。
(3)4年制大学卒業以上の学歴を有すること(平成27年3月卒業見込みも含む)。
(4)平成27年4月1日時点、大学で日本語教育を主専攻または副専攻として修了、または日本語教育能力検定試験合格、または日本語教師養成講座(420時間)を修了している等日本語教育の基礎的な知識・技能を有していること。
※大学院に在学中でも応募可能。
※日本語教育経験については問わないが、ティーチングアシスタントやチューターも含め経験があることが望ましい。
(5)普通自動車第一種運転免許を取得していること。
(6)平成27年5月19日から22日に国際交流基金日本語国際センター(さいたま市北浦和)で実施予定の派遣前研修に全日程参加できること。※派遣前研修に参加が可能であれば、応募時点で海外に在住している方も応募可能です。
基金ホームページを確認のこと。

勤務形態

派遣に先立ち当基金と派遣者との間で契約を締結し、それに基づき基金は派遣者に業務を委嘱します(雇用関係にはありません)。任期は基本的に2学年間。

待遇

旅費、基本報酬、在勤加算等を支給。

応募方法

募集要項・応募用紙(WORDもしくはPDFファイルを選択)は基金ホームページからダウンロードしてお使いください。応募用紙の記入は、指定がない限り、手書きでもパソコン入力でも構いません。
募集要項、提出書類、送付先、締め切り等については基金ホームページを確認のこと。

応募締切日

2015年1月20日(火)午後5時必着

連絡先

〒160-0004
東京都新宿区四谷4-4-1
独立行政法人国際交流基金
日本語事業部 事業第2チーム 米国若手日本語教員(J-LEAP)公募担当
FAX 03-5369-6040
Eメール jfkouza@jpf.go.jp

備考

(1)業務内容:米国内の初中等教育機関において、同機関の日本語教師の指導のもと、アシスタントティーチャーとして日本語の授業を行う。また、日本語授業を妨げない範囲で、受入機関やコミュニティーで実施される日本文化・社会を理解するための活動に協力する。
(2)募集人数:10名程度
(3) 求める経験・スキル等
ア.コミュニケーション能力、柔軟性、適応力、積極性に富むこと
イ.受入機関の日本語教育の活性化及び自己の日本語教授能力の向上に意欲的であること
ウ.他者と協力的に業務遂行ができること
エ.受入機関のスケジュール、イベント開催等による休日における活動要請に柔軟に対応できること
オ.日米文化交流に興味があり、対日理解促進に寄与できること
(4)選考方法:1次書類審査、2次面接試験
※ご不明な点・ご質問は、メールもしくはFAXでお問い合わせください。
※選考の過程や選考結果については一切お答えできません。

タイトルとURLをコピーしました