過去の情報(2015年)*応募はできません!

ESUHAI

勤務地

ベトナム ホーチミン市

条件

[1.日本語教育経験者]
・下記の複数あるいはいずれかに該当する方
①日本語教育能力検定試験合格
②日本語教師養成講座420時間以上修了
③大学における日本語教育主専攻・副専攻
④日本語教育分野で日本国内で3年以上の職務経験があること。
[2.日本語教育未経験者]
・経験不問
・ただし教育が好きな方。
(上記1.2.共通条件)
・当校KAIZEN吉田スクールでの教育事業に積極的に取り組みたい方。
対象:下記のうちから、ご希望とご相談により担当を決定
①ベトナム技能実習生候補の学生(19歳~20代)
②ベトナム工科系大学卒技術者(24歳~28歳)
③ベトナム初等・中等教育生(小学校~高校)
④ベトナム日系企業のベトナム人職員・管理職(25歳以上)
・60歳以下の方。
・男女年齢問わず、健康な方。

勤務形態

専任日本語教員
・勤務時間:月~金 8:00~17:00 土 8:00~12:00
・休日:ベトナムカレンダーに基づく日曜・祝日・旧正月(テト)休暇、社内規定に基づく慶弔・特別・有給休暇

待遇

[1.日本語教育経験者]
・給与:月給VND18,000,000以上、経験・能力等を考慮し決定。
[2.日本語教育未経験者]
・給与:月給VND16,000,000以上、経験・能力等を考慮し決定。
(上記1.2.共通条件)
・給与は、学生に対する指導力向上の他、学校全体に良い影響力を発揮できるようになっていただくことで、昇給も積極的に考えていきます。
・日越間の往復航空券代(入国・帰国時)支給(ただし、2年間の正常な勤務満了によらない退職による帰国の場合は除きます。)
・海外旅行傷害保険(医療費カバー)支給
・VISA申請手続代行(ただし、VISA申請に必要な健康診断費や公証印含む個人書類の準備費は自己負担。)
・住居:よい物件探しと入居への手順を、社内の同僚がしっかりサポートしていますのでご心配なく。

応募方法

eメールにて、下記をご送付ください。
①履歴書、顔写真(画像)添付
通常連絡可能なEmailアドレスをご記載ください。
②職務経歴書、顔写真(画像)添付
③志望理由書(様式自由)
1次選考:書類
2次選考:面接(日本/ベトナム国内、ほか電話・インターネット面接など考慮)

応募締切日

2015年3月31日

連絡先

40/12-40/14, Ap Bac Street, Ward 13, Tan Binh District, Ho Chi Minh City, Vietnam
担当者 里村(ホーチミン)、清水(東京)
電話 (+84)8-6266-6222
FAX (+84)8-6288-6383
Eメール recruit_jp@kaizen.vn

備考

[会社と学校のご紹介]
・KAIZEN吉田スクールについて
KAIZEN吉田スクールは、ベトナム・ホーチミンにある、ベトナム人技能実習生/大卒技術者に対する、教育・派遣・紹介事業を行う弊社「ESUHAI Co Ltd」が運営する、民間の日本語学校(ベトナム政府認可)です。
(会社サイトはこちら
BS-TBSで弊社技術者事業を取り上げていただきました)
NHK北海道で弊社実習生事業を取り上げていただきました)
国際開発ジャーナルに弊社代表インタビューを掲載いただきました)
将来日本で技能実習生として、あるいは技術者・高度人材としての勤務を目指す約1,200名の学生が在籍して日々学んでいます。これまで3,000名以上の卒業生を輩出しており、現在1,000名強が日本国内の主に製造業での技能実習や技術者・高度人材としての勤務をしています。
・教育環境について
期待と不安を胸に来日するベトナムの若者たちが、スムーズに日本企業に貢献して自らのキャリアを切り開くことができるよう、教員一同、日々協力して教育に取り組んでいます。また、学生たちにとっては卒業後に「日本企業で即戦力として働けること」が大切ですので、日本語だけでなく日本の社会人マインド・所作など(例:時間厳守、整理整頓、挨拶、報告・連絡・相談など)も授業や学校生活を通じてトレーニングしています。2週に1回、全教員会議を行って、学校内での指導の状況や学生の状況を共有し、対応を協議します。海外の日本語教育現場ではありますが、日本国内の日本語教育水準に劣らない質を実現することを目指しております。経験豊富な日本人の日本語教育の専門家教員もおり、定期的に(2週に1回)教務の勉強会も行っておりますので、日本語教務力もブラッシュアップできます。
・JICAによるODA支援事業
ESUHAI、KAIZEN吉田スクールの校舎ビルは、弊社の「ベトナム産業人材育成と、優秀な人材を必要とする日本企業への提供」という取り組みの、日越両国にまたがる社会開発効果をご評価いただき、JICAのODA支援(長期低金利融資)により2013年9月12日に竣工しました。
(JICAプレスリリース
・今回の募集の背景
日本から当校へのベトナム人材を求める声が増加する中、さらに多くのベトナムの若者をしっかり教育するために日本人の先生がさらに必要となっております。ベトナム人材が日本企業で飛躍して人生と仕事を発展させ、それによって日本企業や経済も活性化できるよう、一緒に取り組んでいただける方を募集いたします。是非、日本企業とベトナム人材の「よかった」を一緒につくりましょう。ご応募をお待ちしております。

タイトルとURLをコピーしました