過去の情報(2016年)*応募はできません!

フィリピン日系人会国際学校

勤務地

フィリピン共和国ダバオ市

条件

[応募条件]
下記の①~④全てに該当する方
①短期大学士号(準学士)以上の学位をお持ちの方
②以下のうち少なくとも1つに該当すること
・小学校、又は中学校教員免許状取得者
・日本語教育の分野の学位を取得している(日本語教育を主・副専攻で修了)
・日本語教師養成講座(420時間)修了
・日本語教育能力検定試験合格
*主に担当するのはフィリピン人生徒向けの日本語クラスではなく、日本語を母語とする生徒の母語保持(国語)のクラスになります。
③英語で日常会話程度のコミュニケーションが取れること。
④教授経験があること(実習を含む)
⑤年齢:45歳くらいまで。
⑥教員免許取得者、子供の教育に携わったことのある方、海外在住経験者優遇。
[勤務条件]
2016年6月~2018年4月末(2年間)
月~金 8時~5時半 (土曜日の午前半日勤務が月に一回程度あります。)
クリスマス休暇(2週間程度)、夏季休暇(1ヶ月程度まで取得可能。但しその間は無給。)

勤務形態

専任教師
日本語母語保持クラス(国語)担当教師

待遇

ビザ費用学校負担
往復航空券(2年の任期満了後)
月額給料20000ペソ(ダバオでの生活には十分な金額です。)
住居手当 5000ペソ
ボーナス有(一ヶ月分相当を12月に支給 ※初年度は半額支給)
有給休暇:病気休暇 5日間、バケーション休暇5日間
資格手当(日本語教育能力検定試験合格・英検・TOEICスコアなどに応じて)
英会話もしくはフィリピン語会話レッスン(希望により)

応募方法

下記の応募書類を送付先Eメールに送ってください。
[応募書類]
①写真付き履歴書
②志望理由書
*対応は平日のみとさせて頂きます。
[選考方法]
1.書類選考
2.面接(Skypeなどによる面接)

応募締切日

2016年2月29日(但し決まり次第終了)

連絡先

Angliongto Avenue, Lanang, Davao City, Philippines 8000
担当者 日本語教育指導室 笠原
電話 082-234-2697
FAX 082-233-2546
Eメール green_mango01@yahoo.co.jp

備考

陽気なフィリピン人の先生達と一緒に明るく元気な子供たちに楽しく日本語(国語)を教えてみませんか。
当校では小学校・ハイスクール(日本の中1~3、高2)で日本からの転入生が母語である日本語を維持できるように主に日本の国語の教科書を使った母語保持クラスを行っています。
柔軟で適応力があり、日本とは異なるフィリピンの環境を楽しめる方、フィリピン人教師と協力して業務を行っていただける方を募集しています。
現在女性3名の日本人教師が活躍しています。ダバオ市は台風もほとんどなく、フィリピンの中でも安全な都市として有名なところです。
職務内容は以下の通りです。
・担当授業時間数 週25時間程度 
・教材作成(word, excelなどを使用し、教科書や教材などを作成)
・日本文化に関するイベントの準備など

タイトルとURLをコピーしました