過去の情報(2017年)*応募はできません!

L.N. グミリョーフ・ユーラシア国立大学

勤務地

Kazakhstan(カザフスタン) 010008 Astana, Mirzoyan st., 2

条件

1)日本語のネイティブ
2)日本語学関連、日本語教育額関連、その他日本関連の分野で博士号を取得した方(日本語分野での博士課程設立準備のため、博士をお持ちの方を募集しております。)
3)日本語教育機関で日本語を教えた経験がある方
4)2017年9月上旬にアスタナに来て、9月中旬からの勤務に備えられる方
5)心身ともに健康な方

勤務形態

常勤

待遇

<給与>
約2000$(カザフスタン・アスタナにて支給。現地での生活に支障のない金額です。尚、この中から所得税20%が引かれます。)
<授業担当コマ数>
10-12コマ/週(1コマ=50分)
<契約期間>
2017年9月~2018年6月
<契約更新>
学科及び本人の双方の合意があれば更新の可能性あり
<住宅>
住宅の費用は教育機関負担(アパート探しから入居までのお手伝いは大学が致します。)
*渡航に必要な日本で取得するビザの費用は自己負担
*渡航のための航空券は大学が負担します。(契約満了で帰国の際の渡航費も負担しますが、契約途中での帰国となった場合は自己負担です。)

応募方法

1)和文・英文履歴書
2)和文・英文職務経歴書 (日本語教師歴については教育機関、使用教材、担当科目もお書き添えください。日本語以外の職歴に関しては、簡単なもので結構です。)
3)身分証明書 (パスポート等をスキャンしたもの)
4)修士課程修了証明書(日本語・英語各1通)
以上の応募書類をPDFファイルで担当者までメールで送信してください。
※応募書類はジャンナ宛、CCに瀬川を入れてご送付ください。ご質問等ある場合も同様にお願いいたします。(現在日本人教師不在と言う事情があり、募集に関し国際交流基金専門家の瀬川がサポートをしております。採用の条件等は大学側教員ジャンナと協議の上、ご自身でしっかりご確認ください。大学の日本人教師はお一人です。)
応募書類を受け取りましたら、順次面接等のご連絡を致します。面接はスカイプ等のインターネットのテレビ電話を使い行います。
また、採用が決まりましたら、ビザ取得のための他の書類をお願いすることになります。

応募締切日

2017年7月16日(日)

連絡先

Kazakhstan(カザフスタン) 010008 Astana, Mirzoyan st., 2
担当者 ジャンナ(ユーラシア大学日本語講師)、瀬川綾子(国際交流基金日本語専門家 募集サポート)
電話 +7 (7172) 709497
Eメール janna.kuanyshbek@yandex.ru (ジャンナ)
    ayako.segawa@kjc.kz (瀬川綾子)

備考

[大学情報]
カザフスタンの首都アスタナにある国立大学です。アスタナは1997年に旧都アルマティから遷都され、計画的な都市計画の下造られた町です。その都市計画は日本人建築家黒川紀章によるもので、斬新且つ近未来的な不思議な都市が造られています。
アスタナは冬はマイナス30℃まで気温が下がり、世界で2番目に寒い首都と言われています。厳しい寒さではありますが、その分室内はしっかり暖房設備が整っており、屋内で寒さを感じることは殆どありません。また、現在EXPOも開催されており、今後の発展が見込まれています。
日本語教育はまだまだ過渡期ではありますが、だからこそやりがいのある環境だと思います。
現在は現地の日本語教員が3名が在籍し、日本語・歴史・文学等の指導にあたっております。
皆様のご応募、お待ちしております。

タイトルとURLをコピーしました