過去の情報(2017年)*応募はできません!

Tokyo Japanese Academy

勤務地

日本語学校:東京都品川区二葉1-12-17
グループ会社企業レッスン:東京五反田駅周辺の企業施設

条件

・採用時期:2017年10月~採用時期はご相談
①専任講師(教務主任候補)
必須経験:日本語教員(告示校の専任教員)3年以上
必須資格:下記のいずれかの資格要件を満たす方
Ⅰ.大学・大学院において日本語教育に関する専攻(日本語教育科目45単位以上)を修了、もしくは副専攻で26単位以上を修得し、卒業した者(※短期大学は不可)
Ⅱ.日本語教育能力検定試験に合格した者
Ⅲ.日本語教師養成講座420時間以上を修了した者
(※大学卒業又は高等学校の教諭経験のある者に限る。また、通信講座は不可)
Ⅳ.学士・修士・博士の学位を有し、日本語教育機関で日本語教員として1年以上従事していた者
(※日本語教育機関は告示校に限る。また、日本語教師として3年以上のブランクがある方は不可。)
※IT技術の基本的な知識を有している方、IT関連の資格をお持ちの方なら尚可。
②専任講師
必須資格:下記のいずれかの資格要件を満たす方
Ⅰ.大学・大学院において日本語教育に関する専攻(日本語教育科目45単位以上)を修了、もしくは副専攻で26単位以上を修得し、卒業した者(※短期大学は不可)
Ⅱ.日本語教育能力検定試験に合格した者
Ⅲ.日本語教師養成講座420時間以上を修了した者
(※大学卒業又は高等学校の教諭経験のある者に限る。また、通信講座は不可)
Ⅳ.学士・修士・博士の学位を有し、日本語教育機関で日本語教員として1年以上従事していた者
(※日本語教育機関は告示校に限る。また、日本語教師として3年以上のブランクがある方は不可。)
③非常勤講師
必須資格:下記のいずれかの資格要件を満たす方
Ⅰ.大学・大学院において日本語教育に関する専攻(日本語教育科目45単位以上)を修了、もしくは副専攻で26単位以上を修得し、卒業した者(※短期大学は不可)
Ⅱ.日本語教育能力検定試験に合格した者
Ⅲ.日本語教師養成講座420時間以上を修了した者
(※大学卒業又は高等学校の教諭経験のある者に限る。また、通信講座は不可)
Ⅳ.学士・修士・博士の学位を有し、日本語教育機関で日本語教員として1年以上従事していた者
(※日本語教育機関は告示校に限る。また、日本語教師として3年以上のブランクがある方は不可。)

勤務形態

①専任講師(教務主任候補)・②専任講師:正社員(契約社員スタートの場合あり。開校までは他行との兼務可。)
②非常勤講師:契約社員

待遇

[就業時間]
①専任講師(教務主任候補)・②専任講師:9:00~18:00(予定)
③非常勤講師:カリキュラムに応じたスケジュール調整。
午前コース 9:00~12:30、午後コース 13:00~16:30、企業レッスンは夜間コース・土曜日コースもあります。
[休日休暇]
①専任講師(教務主任候補)・②専任講師:週休二日制(土日)、祝日、年末年始、有給休暇
※グループ会社企業レッスンで土曜日出勤となる可能性があります。その場合は平日にお休みを取っていただきます。
③非常勤講師:カリキュラムに応じたスケジュール調整
[待遇]
①専任講師(教務主任候補)
・年収400万円~600万円 ※実績・能力により決定
※上記にはみなし残業時間35時間含む
・別途交通費実費支給(月額最高5万円まで)
・社会保険(健康保険・厚生年金保険・雇用保険・労災保険)完備
②専任講師
・年収300万円~500万円※実績・能力により決定
※上記にはみなし残業時間35時間含む
・別途交通費実費支給(月額最高5万円まで)
・社会保険(健康保険・厚生年金保険・雇用保険・労災保険)完備
③非常勤講師
・時給 1,600円~2,500円※実績・能力により決定
・別途交通費実費支給(月額最高5万円まで)
・雇用保険(週20時間勤務以上)、労災保険完備

応募方法

・書類選考、面接(原則1回)
・履歴書(写真付)と職務経歴書をEメールにてご送付ください。担当者よりご連絡いたします。
※職務経歴書には詳細な教務時間を記載してください。

応募締切日

2017年11月30日

連絡先

〒141-0031
東京都品川区西五反田1-21-8 KSS五反田ビル3階
担当者 上杉
電話 03-6417-9750
Eメール tja@talenthub.jp

備考

理工系の進学コースおよび大学をすでに卒業した技術者を対象とした少人数制の実践的な日本語教育を行う学校を目指しています。
グループ会社には、大手IT人材企業から投資を受けた会社があり、IT企業による経営・教育サポートのもと、卒業生がプロフェッショナルとして働くための日本語教育を行い、これまでの日本語学習にとらわれない先進的な教育を目指します。
2018年4月(予定)の日本語学校の開校準備から共に学校の骨格を作り上げていける中核メンバーとしての「専任講師(教務主任候補)」、「専任講師」及び「非常勤講師」を広く募集します。

タイトルとURLをコピーしました