過去の情報(2019年)*応募はできません!

ひまわり日本語学院

勤務地

ミャンマー ヤンゴン

条件

[資格/条件]
・短大卒以上
・年齢制限なし
・ミャンマー人教師と仲間意識をもって協力し合える方
・健康上の問題のない方
・1年以上、勤務できる方
・以下の条件のどれかに該当する方
①日本語教育、日本語教員養成課程等を履修・卒業
②420時間教師養成講座修了
③日本語教育能力試験合格
[勤務条件]
勤務時間:9:00~18:00
休日:週休2日(日曜は必ず休み)

勤務形態

常勤

待遇

・月給:経験者1,000US$~、未経験者800US$~(支払いは米ドル)
・住宅、労働ビザ、海外旅行保険、赴任する際の航空券は会社負担
・試用期間3ヶ月

応募方法

①履歴書と職務経歴書を担当者へメール
②書類選考
③応募資格を確認できる書類の写しを送付
④スカイプ面接

応募締切日

2019年6月30日
※ただし、決定しだい募集を締め切ります。

連絡先

Room 205, Pearl Condpminium, Block(B), Corner of Sayaysan Rd. & Kabar Aye Pagoda Rd., Bahan T/S, Yangon, Myanmar
担当者 河野京子
電話 +95 (0)1 401326
Eメール itasakamaki@gmail.com

備考

運営会社はヤンゴンで20年以上活動する教育関連会社で、オーナーは日本人女性。日本語学校は生徒数は現在約50名ですが、急速に増えてきており、日本人教師の増員を計画しています。
学校はバハン校(市街中心部)とミンガラドン校(郊外)の2校あり、生徒のレベルは現在、N5とN4が中心でN3まで。日本で働くことを学習目的とした生徒が多くを占めます。
社宅はバハン校と同じ敷地内にある地元富裕層向けマンションの3LDK物件を、他の同性日本語教師とシェアいただく形となります。家賃と共益費は会社が負担しますが、光熱費、インターネット費、清掃費(合わせて月3000円程度)はご負担いただきます。
ミャンマー人は、日本人が一般的にアジアに持つイメージとは異なり、とても穏やかで真面目、そしてシャイな人たちです。治安もよく、若い女性でも安心して生活できます。また、ミャンマー語の文法は日本語とよく似ており、ミャンマー人は日本語を習得するのが早いと言われており、教育しがいのある生徒たちです。

タイトルとURLをコピーしました