過去の情報(2019年)*応募はできません!

マハーサーラカーム大学 日本語科

勤務地

タイ国マハーサーラカーム県

条件

以下の①から③までの条件をすべて満たす方
①修士号取得者(大学の採用規定に基づき、日本語教育学、日本語学などの分野が望ましい。そうでない場合はビジネス、ホテル、観光などを専攻された方。日本語を教えた経験がある方を優先採用します)
②2019年7月中旬から赴任できる方
③55歳くらいまでの女性
初級・初中級日本語(文字、発音、会話、作文、ビジネス日本語、ホテル観光日本語など)の授業(授業数は週20時間以内)
勤務時間は8:30~16:30。ただし、16:30以降も授業がある日もあり。
前期:8月~12月、後期:1月~5月
年間有給10日間
土・日・祝日休み

勤務形態

専任講師1名

待遇

①給料 27,000バーツ
*業績(論文、本などの執筆)は給料に付加されます。
②住宅手当 月額3,500バーツ
③社会保険は強制加入(月額750バーツが給料より差し引かれます。公立病院、大学病院で治療費として使用できます)

応募方法

以下の書類をEメールでお送りください。
①履歴書(英語、日本語)
②日本語教育に関する経歴(日本語)
③志望動機、及び、自己紹介文(日本語)
④卒業証明、及び、成績証明(英語)
*書類審査を通過された方には、インターネットで面接、及び、模擬授業をしていただきます。採用決定後、書類上の手続きに一か月ほど要し、その後、勤務開始となります。

応募締切日

2019年6月30日(ただし、決まり次第締め切り)

連絡先

Japanese Section, Department of Thai & Oriental Languages, Faculty of Humanities & Social Sciences, Mahasarakham University
T.Khamrieng, A.Kantharavichai, Mahasarakham, 44150 Thailand
担当者 ウィチャヤー・ヨシダ
電話 043-075-4333
Eメール wichaya@gmail.com

備考

本学はバンコクから470キロ離れた、タイ東北部のマハーサーラカーム県にある学生総数約40,000人の国立大学です。都会と違って治安の良い学園都市にあります。現在タイ人教師4名、日本人教師2名が指導に当たっています。日本の大学と交流をしていて、毎年数名の学生が日本へ留学します。日本の文化に触れたがっている学生たちに日本の文化を伝えてみませんか。
*参考 一か月の生活費:
家賃 3,500~5,000バーツ
水道光熱費 700~1,000バーツ
食事代(一食)35~50バーツ
契約は本校(在タイ)との直接契約になり、タイ国内では採用の際、性別制限は法律違反ではありません。

タイトルとURLをコピーしました