カンボジア 最新情報

名古屋大学日本法教育研究センター、カンボジア

勤務地

カンボジア、プノンペン

条件

[応募条件]
プノンペンで勤務できることが条件となります。
1)大卒以上
2)次の1~4のいずれかに該当すること。
1:大学または大学院で日本語・日本語教育学専攻
2:420時間以上の日本語教師養成講座修了
3:日本語教育能力検定試験合格
4:3年以上の日本語教師(個人レッスンを除く)の経験
3)新しい環境(途上国、職場、生活)に適応する体力、意欲があること。
4)センターの発展に積極的に貢献しようとする熱意があること。
5)基本的なPC操作(メールのやりとり、授業資料の作成等)ができること。
※日本語が母語でない場合は、日本語能力試験N1合格、OPIでの超級の判定など日本語能力を証明するものが必要。
[勤務条件]
1)着任時期:2021年7月下旬以降、希望日は応相談。
2)契約:1年間。双方の合意により更新可能。
3)勤務日:月-金、週休2日 (カンボジアの祝祭日は休み) 勤務時間:原則として8時30分~17時15分(昼休みあり) 週40時間になるように調整 担当授業時間:常勤の場合、上限5コマ(1コマ150分)/週程度

勤務形態

常勤講師(専任)

待遇

・給与:月給制(学士で900USD以上。日本語教育経験、学歴による加算あり)
*給与から諸税が引かれます。
・ビザ取得、海外旅行保険加入の費用は、センター負担。
・有給取得等の福利厚生あり。
・渡航の際にかかるコロナウィルス関連の諸経費(PCR検査、隔離期間中の宿泊費など)は、センター負担。
※参考データ:現地カンボジア人が住むような住居の場合、家賃300~350USD

応募方法

(1)Emailにて資料請求のご連絡をください。折り返し、名古屋大学規定の履歴書を送付致します(2営業日以内)。
(2)一次審査(書類審査) :メールで以下の5点を添付ファイル(PDF)にて送付してください。
1履歴書(名古屋大学規定の様式を使用すること)
2志望動機(A4の紙1枚にまとめること)
3資格証明(日本語教育能力試験、卒業証明、修了証明等)の写し
4自作したオンライン授業の教案(折り返し、具体的な内容をお知らせします)
5推薦状:新卒の方は大学の指導教員、社会人の方は、直近で働いていた職場 の同僚や上司の方に書いてもらってください。締切日までに推薦状を作成し、PDFファイルで直接連絡先にメールでご送付するようご依頼ください。

応募締切日

2021年5月30日(日)

連絡先

Boeung Trabek,Sangkat Tonle Bassac,Khan Chamkarmon,Monivong Phnom Penh, 120101 CAMBODIA
担当者  レイン幸代(日本語教育主任)
電話 +855-12-708499
Eメール cjl-cambodia@law.nagoya-u.ac.jp

備考

センターの母体となります機関のホームページはこちらです。
また、センターの様子はこちらからもご覧ください。

タイトルとURLをコピーしました