来場申込受付中!2月18日:日本語教師採用説明会 in 新大阪

過去の情報(2022年)*応募はできません!

University Kuala Lumpur Japan Universities Programme (マレーシア日本高等教育プログラム)

勤務地

University Kuala Lumpur
Malaysia France Institute
Section 14, Jalan Teras Jemang, 43650 Bandar Baru Bangi, Selangor, Malaysia
※クアラルンプール中心部から、車で約30分南に位置します。

条件

[応募条件]
下の①・②に該当する方で、③・④を満たす方が望ましい。
①2022年4月1日時点で25歳以上40歳未満の日本語を母語とする方
②日本語教育専攻で、学士課程あるいは修士課程を修了した方
学士課程あるいは修士課程を修了した方で、日本語教師養成講座(420時間)を修了した方
学士課程あるいは修士課程を修了した方で、日本語教育能力検定試験に合格した方
③日本語教育経験が2年以上ある方(個人教授等の教室活動でないものは含めない)
④一般日本語教材に加え、理工系テーマ日本語教材の使用・開発に積極的に取り組める方
[契約期間]
2022年9月1日~2023年8月31日(勤務状況等により延長可能)
※2022年9月1日以前から勤務可能な場合は、ご相談ください。

勤務形態

常勤講師

待遇

[給与・手当等]
①基本給:RM8000~/月(RM:Malaysian Ringgit 経験・能力による) (220,000 円~/月 仮想レート:RM1=27.5円)
②住宅手当:RM1,000/月(勤務地近郊家具付賃貸住宅の情報提供?紹介可)
※①②は、マレーシア所得税込の金額で、現地通貨払いです。
[渡航費]
着任・帰任時の航空券購入費(対象:マレーシア国外居住者、エコノミー・クラス、最寄りの国際空港とクアラルンプール国際空港間)を支給する(立替払い)。
[ビザ取得費]
Employment Pass 取得費(雇用主負担)
[保険]
自己負担
[居住地区・通勤手段]
勤務地近郊家具付賃貸住宅の情報提供・紹介可
通勤手段:自己確保

応募方法

まず、下の[提出書類]①~③の書類のファイルをEメールで送信願います。
着任後、①~④の原本を提出願います。
採用決定後、健康診断書等の①~④以外の書類提出の必要があります。
[提出書類]
①履歴書1通(日本語、写真貼付、Eメールアドレス記載、様式自由)
②応募理由書1通(日本語、手書きで1200字程度、様式自由)
③日本語教育歴申告書1通(日本語、日本語教育歴について具体的に記述、様式自由)
④推薦書1通(英語か日本語、日本語教育を学んだ機関か、現在勤務している或いは過去勤務した日本語教育機関からのもの、様式自由)

応募締切日

2022年5月16日(Eメール必着)

連絡先

University Kuala Lumpur
Malaysia France Institute
University Kuala Lumpur Japan Universities Programme
Section 14, Jalan Teras Jemang, 43650 Bandar Baru Bangi, Selangor, Malaysia
担当者 山下哲生
電話 +60 17 674 0940
Eメール tyamashi@ner.takushoku-u.ac.jp

備考

[選考方法]
一次審査(書類選考)の後、二次審査(口頭試問?面接等)について連絡
[募集人数]
若干名
[教材]
初級教科書『みんなの日本語』以外は、基本的に、拓殖大学独自開発教材を使用
[University Kuala Lumpur Japan Universities Programme の概要]
University Kuala Lumpur Japan Universities Programme (UniKL JUP 日本名: マレーシア日本高等教育プログラム)は、Look East Policy の下、1992年より実施されてきたHigher Education Loan Fund Project Ⅰ~Ⅲ(HELPⅠ~Ⅲ 日本政府円借款事業)、並びに Malaysia Japan Higher Education Program(MJHEP マレーシア政府独自予算事業)の後継プログラムで、2020年度よりUniversity Kuala Lumpur Malaysia France Instituteにおいて実施されている単位移管日本留学プログラムである。
学生は、選ばれたマレーシア人で、マレーシアで3年間の教育(予備教育+大学1~2年次教育)を受けた後、国費留学生として、日本の大学の理工系学部(UniKL JUP 参加大学)の3年次に編入する。
マレーシアでの3年間の教育については、日本語教育は拓殖大学、理工系教育は芝浦工業大学によってサポートされており、UniKL JUP参加大学は、2022年5月には決定する予定である。
[UniKL JUP参加予定大学]
愛媛大学、岡山理科大学、香川大学、近畿大学、埼玉大学、芝浦工業大学、拓殖大学、東海大学、東京工科大学、東京電機大学、東京理科大学、東洋大学、豊橋技術科学大学、長岡技術科学大学、兵庫県立大学、室蘭工業大学、明治大学、山口大学、立命館大学

タイトルとURLをコピーしました