2023年1月20日:日本語教師採用説明会 in 大久保

過去の情報(2015年)*応募はできません!

ラムカムヘン日本語教育振興学校 (RJS)

勤務地

The Mall 3 Ramkhamhaeng 3f (Education Zone),
49 Ramkhamhaeng Rd., Huamark, Bangkapi, Bangkok 10240 Thailand

条件

・大学で学士号以上の取得済者で以下の条件のひとつ以上を満たす方。
①日本語教員養成講座の修了者
②日本語教育能力検定試験合格者
③日本国内外の日本語教育機関での日本語教授経験が1年以上ある方
④大学などで日本語教育学を専攻された方(副専攻も含む)
⑤①~④以外でも、日本語 教師として相応しい、知識や能力を持つと思われる方(この場合は具体的且つ、詳細に説明してください。)
・年齢不問
・外国語能力不問(タイ語はこちらに来てから生活の中で学んでいただければ十分です)
・1年以上勤務できる方

勤務形態

専任教師 2名

待遇

給料として、月額8000バーツ以上(例えば、担当時間が15時間の場合8000バーツ。担当時間が36時間の場合には20000バーツとなります)。36時間を超えた場合、給与は多くなります。週15時間(8,000バーツ)の担当は保証しますが、週14時間以下をご希望の場合も対応致します。その場合、給料の額は8000バーツよりも少ない額となります。
1年目の給料は、担当していただける授業数によります。詳細はお問い合わせください。
住居費は給与の中から日本語教師が自己負担します。ただし、当校職員が希望に合ったお部屋探しに協力いたします。
健康保険は、日本語の通じる病院で診察出来るよう、民間の保険に加入します。保険加入料は学校が負担いたします。61歳以上の方の健康保険については、教員個人の負担でお願いいたします。
タイに最初に入国する際のノンイミグラントの就労ビザ(90日間)の取得の際の費用は日本語教師負担、タイ入国後の、文部省での外国人教員登録、労働省での労働許可証取得手数料、90日間から1年への滞在許可期限延長の手続き料は、学校負担とさせていただきます。申請の際の、写真撮影代、健康診断料は教員個人の負担とさせていただきます。その後の契約の更新時の入管での滞在許可期限延長手数料、や労働省での労働許可証の延長手続料等は、学校で負担いたします。

応募方法

①和文履歴書(顔写真付き)
②英文履歴書(顔写真付き)
上記2点をEメールにてお送りください。Eメー ルで送れない場合は郵送も可。
履歴書を受け取り次第、こちらから連絡させていただきます。

応募締切日

2015年10月31日
(但し、採用が決定し次第、募集は締め切ります。)

連絡先

Ramkhamhaeng Japanese Language Educational Promotion School(RJS) The Mall 3 Ramkhamhaeng 3f (Education Zone),
49 Ramkhamhaeng Rd., Huamark, Bangkapi, Bangkok 10240 Thailand
担当者 Shida
電話 +66-85-950-1000
FAX +66-2-318-8723
Eメール konomihakarimono@yahoo.co.jp

備考

学校は、タイ国文部省により認可を受けた、設立から23年、ラムカムヘンに移転してから16年目の、バンコクにある日本語学校です。学生数450名程度、日本人専任講師8名の日本語教育専門の学校です。タイ人用の日本語書籍等も用意し、タイ国内でも密度の濃い日本語学習ができるようにすることを目指しております。場所はバンコク東部のバンカピ区にあり、ラムカムヘン大学という在学者数10万人以上といわれる、タイで最も学生数の多い国立大学の近くのザモール3ラムカムヘンという、日本食レストランもある、ショッピングモールの3階のエデュケーションゾーンにあります。学校の周辺は学生街で、ラムカムヘン通は毎日夜中まで出店がたくさん出ており、タイ人の若者たちで賑わっています。是非、日本語教育を通じて、タイ人の若者たちと有意義な交流を楽しめる こととと思います。
学生の日本語学習レベルは、初めて日本語を勉強する入門レベルから、日本語能力試験のN1級合格後の上級レベルまでです。
学校は、学生街の中にありま すが、日本語の勉強に来るのは大学生だけではなく、学習者の年齢層は中学生・高校生から50代まで(時々60代)の社 会人までと幅広いです。学生の半数以上は社会人です。タイ人の学生がほとんどですが、時々、タイ人以外の学習者も勉強しに来ます。学習の動機は留学の準備や、大学受験対策、職場で使いたい、就職試験対策、趣味、など、さまざまです。授業形態は個人授業、クラス授業があります。クラス授業における1クラス当たりの学生の人数は、入門クラスで5~10名程度(最大16名)、初級中級以降が3~8名程度です。真剣な学生と一緒に切磋琢磨していきましょう。授業は基本的には直説法で教えています。当校は、「朝何時には出勤しなければならない」というような、授業時間以外の拘束時間はありません。ご自身の授業の準備に合わせて、時間と学校施設を最大限有効活用し、自分の担当する授業に責任持って当たっていただければ幸いです。授業時間以外は、学校外でリラックスするもよし、学内で準備をするもよし、です。日本語教師の経験のない方も、十分な準備をしてから教壇に立つことが出来ると思います。初めて、海外で日本語を教えてみたいという方にとって、最適の場ではないか と思います。健康でやる気に満ちた方のご応募を楽しみにお待ちしております。
みんなで、日本語教育について学びながら、タイの学生たちとともに成長していきましょう。また、学校の雰囲気など、タイ語ですが、学校のホームページに写真があるのでそちらもご参照ください。ご 応募お待ちしております。

タイトルとURLをコピーしました